医者

工夫出来ることや特徴

先生

痛風の痛みは経験した人しかわからないといわれていますが、出来ることなら発作が出ないようにしたいものです。痛風発作が起きるリスクとしては、血液中の尿酸値が高いことです。尿酸値を上げないためには、食事の工夫が必要です。かといって特別な工夫ではなく、家庭でできる簡単な工夫を組み合わせることが大切です。調理方法では赤みの肉をなるべく選び、下ごしらえの段階で脂身をカットしておくと良いでしょう。炒め物をするときは、フッ素樹脂加工のフライパンを使って油を減らすこともテクニックです。濃い味付けは塩分が多くご飯を多く食べてしまうので味付けは薄くすることは、痛風対策だけでなく高血圧対策にも有効です。あれもこれもとするのでなく、出来ることから取り入れることが重要です。

ある日突然関節が痛みだしたから、痛風発作かもしれないと心配することもあります。しかし痛風と症状が似ている病気に偽痛風と呼ばれるものがあります。腫れや痛みなどが似ているため間違われることがありますが、違いが分かる特徴を知っておくとよいです。まず性別や年齢の特徴として、痛風発作の場合95%以上が30歳から50歳代の男性に起こるものですが、偽痛風の場合は男女関係なく起きるといわれており、年齢も60歳以上の高齢者に多いとされています。また痛む部位の特徴として痛風発作の場合は、6〜7割が足の親指の付け根に起きるとされていますが、偽痛風の場合は7割くらいが膝に生じるといわれています。特徴の違いで病気をある程度切り分けることが出来ますが、必ず病院で診察を受けましょう。

尿酸値を正常にする

看護師

痛風とは、体内の尿酸値が高くなって主に足の関節部分に結晶化が起きることで痛みや腫れが出る症状のことを言います。薬物療法を行いながら生活習慣を出来る限り徐々に変えていくことで、症状改善につながると言えます。

詳細を確認する...

薬や食事による治療

男性医師

痛風の原因は、尿酸が排出されずに塊となり、神経を刺激することにあります。そのため治療には、尿酸の生成を阻害する薬や、炎症を抑えて痛みを軽減させる薬が使われています。ただし尿酸のもととなるプリン体の摂取を控えるという、食生活での注意も必要です。これにより、発症後も症状を抑え続けることが可能になります。

詳細を確認する...

足の指の関節炎とは

看護師

痛風は肉や卵、乳製品などを摂りすぎると発症しやすくなります。足の指や膝などに3日程激しい痛みが続き10日程度で治まっていきます。これは尿酸が結晶となって関節炎を引き起こすことが原因です。薬物療法で治療しますが食生活を見直すことも大切です。

詳細を確認する...