レンタカーの借り方を知った上でハワイの運転で気をつけること

ハワイは日本と違う?

ハワイでレンタカーを借りて運転するときは、ハワイの交通ルールで運転しなければいけません。そのためには、ハワイへ行くまでにどんな交通ルールがあるのか事前に調べておきましょう。そうすれば、現地で運転するときに不安を最小限に抑えることができます。

ハワイでレンタカーを運転するときのマナー

no.1

右側通行になる

ハワイで運転するときは、日本と反対で右側通行になります。真っすぐな道路なら特に心配ないかもしれませんが、右折や左折があるときは車線に入らないようにして曲がるようにしましょう。日本の交通ルールと混ざりそうなら、「右側通行でセンターラインは左」とメモを貼っておくのもいいかもしれません。

no.2

道路標識も違う

ハワイは日本と国が違うので、もちろん道路標識も異なります。よくある道路標識だけでもハワイで運転する前に確認しておきましょう。そうするだけでも、事故が起こらないように対処することができます。ネットでも調べることができるので、旅行前にまとめておくことをおすすめします。

no.3

運転免許は日本のものOK

ハワイでレンタカーを借りるのなら、国際免許が必要になるのではないかと思うでしょう。しかし、ハワイは日本の運転免許証だけで借りることができます。ただし、万が一事故を起こしたときのことを考えて国際免許を取得しておいたほうがいいかもしれません。

レンタカーの借り方を知った上でハワイの運転で気をつけること

トランク

借り方だけじゃない

ハワイでレンタカーを借りるときは、借り方だけに注目するのではなく借りた後のことも考えなければいけません。日本とは違うことが多いので、事前に情報を集めておくようにしましょう。

国際免許を取っておくとよい

ハワイは日本の免許証でもレンタカーを運転できます。しかし、国際免許を取っておいたほうが何かと便利です。国際免許の取り方は決して難しいわけではないので、旅行へ行くまえに取得しておきましょう。

行き先に合わせて車を選ぶ

ハワイで運転するときは、近場の移動だけなら好きな車を選んでもいいと思います。しかし、少し遠出することを考えているのなら運転しやすい車を選ぶようにしましょう。そうすれば、トラブルを避けやすくなり安心してドライブを楽しむことができます。

ハワイと日本の交通ルールの常識が違う

黄色のスクールバスには注意

黄色の大型車はスクールバスになるので、赤のライトが点滅しているときは生徒が乗り降りを行なっています。このときは、必ず一時停止して待たないといけません。また、走行している車線だけでなく対向車線にいるときも一時停止する必要があります。

歩行者が優先になる

日本でも歩行者が優先といわれていますが、ハワイの歩行者優先は違反すると罰金が課せられるので守らないといけません。歩行者が横断歩道を渡っている最中は、横断歩道の中央が過ぎるまで必ず停止するようにしましょう。

広告募集中